ファッションセラピスト田中康代プロフィールと活動理念

色とファッションで愛され美人カウンセリングを行なっている田中康代です。

 

COLOR MESSAGEの活動指針
全女性姫化計画 3か条


●自分の容姿に自信を持ち
●愛される存在だと確信し
●人生の主人公として姫であり続ける

女性を目指す、そして目指す仲間を増やす。

男性のニーズに合わせた女性らしさではなく、
自分自身としっかりつながった女性らしさを大切にして、


「わたしはこれで社会貢献する」
という使命をもちながら、
エレガントでファッショナブルな毎日をお姫様みたいな気分で過ごす。

わたしは「ファッショナブルなセラピーでお姫様を増やす!」を使命だと思っています。

人見知りで、
言いたい事が言えなくて、
幸せになるためには
我慢しなくちゃ
期待に応えなくちゃ

そう思いながら

傷つきやすさを抱えて
一生懸命毎日過ごしている女性が

自分を犠牲にするんじゃなくて、
自分を大切にすることで、
周りも大切に、そしていろいろなものを育む女性性を発揮する、

そんな暮らしを楽しめるように、

女性ひとりひとりがお姫様になることから拡がる社会平和なんてアプローチもありなのかなと思っています。


いくつになっても今の自分が一番好きと言える人生を。

 

お姫様みたいに自分を大切にすることからはじめてみませんか?

 

 

 

ファッションセラピスト 田中康代

 

 

1972年6月14日生まれ。神戸市出身、在住。

 

パーソナルカラーアドバイザー/パーソナルスタイリスト

色彩心理カウンセラー/ファッション&色彩心理講師。

 

OFFICE COLOR MESSAGE 代表

NPO法人ひまわりセラピーハウス理事。

精神障害発達障害者 心理支援施設

「地域活動支援センター セラピールームひまわり」所長業務の傍ら、

色彩心理カウンセラー、色彩講師、スモールビジネスコンサルタントとして活動。スモールビジネスと精神発達障害のある方の才能をつなぐユニバーサルスモールビジネス「Le noeud ruban(ルヌーリュバン)展開。

 

婦人服販売に役立つ資格をと色彩の勉強を始め、色彩心理とパーソナルカラーにはまる。お客様から日常の悩み相談を受けることが多く、服を販売するだけでなく、悩みのある方の力になれる人になりたいと思い、心理カウンセラーを志す。

また、自身の精神的不調が発達障害特性のものだと自覚したところから劇的に人生が改善、日本では発達障害はこどもの病気と言われていた頃から発達障害について勉強、研究を行い、精神障害、発達障害者支援に携わる。

 

パーソナルカラー診断という一般新規顧客獲得が難しい分野で、サロン立ち上げから2年で300名、3年で500名の新規客を獲得し、オリジナル講座を作成開催、個人講座の社団法人化、協会の仕組化や福祉事業の立ち上げ運営を成功させた実績を活かし、色彩教育を通しての自己実現、目標·願望達成のサポートを行う。

 

個人がその人らしく個性を開花させることで調和のとれた社会になり、平和な世界が広がるという指針の元、特に今の社会で生きづらさを感じる女性に、個人の個性、特性把握とビジネスや活動(趣味も含む)に打ち込むことで人生が拓けることをひろめたい。

 

ファッションアドバイザーとして婦人服販売に携わった12年間を含め、

延べ1万人以上にスタイリング提案、カラーセラピー,心理カウンセリング件数5000件以上

トップへ戻る